支配する人の目で見てみよう。

※ネット上からお借りした箪笥の写真です。
 
物事をどうのように捉えるかによって
見えている世界観って変わると思うんですよ。
 
箪笥の引き出しには
 
医療
政治
経済
製薬
建設
金融
軍需
などなど
 
いろんなものがあって
中に細かいものが入ってる
 
箪笥全体を見たときに
 
この箪笥の持ち主のことを
金貸し戦争屋さんだと考えて
 
この人たちが
 
メディアを使って
煙に巻こうと
いろんなことを出してくるのが
日々の様々な問題。
 
ミンスの時に比べればー
中国🇨🇳の脅威がー
 
って言ってるってのは
引き出し一個しか見ないで
その引き出し一個の中のことだけ
 
沢山知識を入れて
その気になってる。
 
そんな感じがするんだよなー。
 
箪笥の持ち主からしたら
 
楽な上に、自分の味方までしてくれる
便利な思考の人たちだなーと
 
笑ってるんじゃないのかなーと。
 
細かいところの知識合戦が大好きなのって
 
金貸し戦争屋さんたちが考えた
 
細かいクイズに答えられるのが
すご〜い。っていう
 
あの偏差値高いのがすご〜いっていう
ロジックなんじゃないのかなーなんて
 
思うんですよね。
 
だってさ。みんなが
 
箪笥の持ち主ヤバイ奴だなと
気がついちゃったら
 
通貨発行権のサギなんて
あっという間にバレて
 
70億人がお怒りモードでしょ。
全体像の把握が先で
 
必要な時に知識を引き出しに入れていく。
 
これでブレが少なくなるんじゃないかなーと思っています。
 
😺
メルマガも配信しています。
ご登録いただくと、2016年12月に
金貸し戦争屋をぶっとばせ!!
って名前でセミナーをやったときの動画が
数日にわかれてメール配信されるようにしてあります。
ふるってご参加ください。
・情報ってどうやってインプット アウトプットするのか
・どうやって伝えるのが有効なのか。
・超伝わりやすいペルソナの設定って何??
なんてことを話しています。。
ご登録はこちらからどうぞ。。^^

PAGE TOP